ぷららフォン
市外電話 国際電話 サービスセンタ サポート
トップページ
サービス
市外電話
国際電話
相手国番号と通話料金
マイライン
電話のかけ方
支払い方法
ぷららフォンの仕組み
ぷららフォンとインターネット電話の違い
割引サービス
トピックス
サポート
Q and A
ぷららフォンサービスセンタ
ぷらら利用状況照会
メンテナンス・故障情報
お問い合わせ
利用規約
ぷららフォンforフレッツ
ぷららフォンの仕組み
ぷららフォンはVoIP(Voice over IP)技術を使った新しいIP電話サービスです。
従来の電話では相手先電話番号をダイヤルすると、NTTの電話交換機を経由しながら、通話毎に専用の回線を確保して通話ができるようになります。

従来の電話網


ぷららフォンでは中継する電話網をぷらら専用の電話網として構築し、ぷらら網入り口のVoIP交換機で音声を圧縮してIPパケット化(細切れにしたデータのかたまり)して中継します。そして、ぷらら網出口のVoIP交換機で再び音声化してNTTの地域網に送ります。
このようにしてぷららフォンでは相手との通話を実現しています。

ぷららフォンの電話網


ぷららフォンとインターネット電話の違い
ITU(国際電気通信連合)の定義によるとVoIP技術を用いた音声伝送の総称を「IP電話」とし、閉塞網や一定の帯域が保証されたIP網を経由しない形態を「インターネット電話」と称しています。
インターネット電話にはPC to PC型(パソコンとパソコンの間で通話するタイプ)あるいはPC to Phone型(パソコンから電話するタイプ)等がありますが、通話をするためにヘッドセットやマイクロフォン、または特殊なアダプターが別途必要となります。もちろん使うためにはパソコンの電源が入っている必要があるうえ、インターネットに必ず接続していなければなりません。また、相手先までの途中経路はなんら保証されていませんので、途中経路によっては音声の途切れ・遅延等が発生することもありえます。
「ぷららフォン」は、使用する中継網を論理的に専用の網とし、通話毎に帯域保証(ある一定の通信速度が保証されていること)を行っているPhone to Phone型(普通の電話から普通の電話へと通話するタイプ)のIP電話サービスです。そのため、一般にいわれるインターネット電話とは異なり、手軽で高品質な信頼性の高い通話の提供が可能となりました。


ぷららフォン for フレッツ  /  過去のトピックス  /  法人のお客様
Copyright 2014 NTT Plala Inc. All rights reserved.